匿名性SNSのメリットを知る

本名を表示しなくても良いSNS

仕事の愚痴を言うために使う

本名を公表したまま会社の愚痴を言うと、すぐ気付かれてしまいます。
すると上司から怒られてしまうので、実名を使うSNSでは愚痴が言えません。
無理に会社を褒めることを言わなければいけないかもしれないので、ストレスが大きくなります。
匿名性のSNSを使うことで、誰にも気づかれることなく会社の愚痴を言えます。
嫌なことがあったら、心の中にしまい込むのはおすすめできません。

きちんと喋って、発散してください。
SNSで発散すれば、スッキリしますし誰かが共感してくれる可能性があります。
同じ気持ちを抱いている仲間を見つけることで、お互いを慰め合うことができます。
すると辛い仕事でも、少しは前向きに慣れるかもしれません。

何を言うか考えよう

匿名性のSNSを使う時は、発言に気を付けなければいけません。
会社の愚痴や、友人関係に関して言いたいことを言うのは構いません。
ですが特定の誰かを誹謗中傷するような書き込みは、絶対にしないでください。
誰が書いているのか分からないからと、個人の悪口を確認が見られます。
何を書けば良いのかよく考えてから、書き込んでください。

特に学生の間で、誹謗中傷をする書き込みが目立っています。
どんな発言をしたら相手が傷つくのか考えることで、いけない書き込みに気付けると思います。
子供がいるなら、よく言い聞かせましょう。
誰が書き込んでいるのか分からないので、注意して使わなければいけません。
その意識を忘れなければ、安全に匿名性のSNSを楽しめます。


TOPへ戻る