匿名性SNSのメリットを知る

無理なコミュニケーションは取らなくて良い

検索を避けられるメリット

仕事の上司にSNSをしていることが知られたら、無理やりフォロワーになるかもしれません。
するとこちらもフォローを返したり、定期的に上司の書き込みにコメントをしないと関係が悪くなってしまいます。
しかしハッキリ言って、上司とSNSでもコミュニケーションを取りたいと思っている人は少ないでしょう。
実名のSNSはすぐ検索されて気付かれるので、今後は匿名性のSNSを使ってください。

それなら検索しても、自分の名前は出てきません。
上司にSNSをやっているか聞かれたら、やっていないと答えれば大丈夫でしょう。
知り合いに気付かれにくいという部分がメリットなので、匿名性のSNSを活用してください。
アカウントを教えなければ、家族にも気付かれないと思います。

信頼できる人にだけ教えよう

匿名性のSNSをするなら、本当に信頼できる友人にだけ自分のアカウントを教えてください。
口が軽い友人は、言わない方が良いかもしれません。
ふとした拍子に、このアカウントが自分のだと誰かに伝える可能性があります。
すると、関係を持ちたくない人とSNSで関わらなければいけない事態に陥ります。
アカウントを教える時は、絶対他人に教えないよう念を押してください。

友人にアカウントを聞くと思いますが、同じように他言しないでください。
友人だって、コッソリと匿名性のSNSを使っているはずです。
秘密を共有してください。
ベラベラと友人のアカウントを他人に話すと、信頼できないと認識されます。
するとSNSだけでなく、現実でも避けられるでしょう。


TOPへ戻る